So-net無料ブログ作成

神様 [常時の情事(楽しかった話)]

とても信心深いジムという男がいました。
ジムは川の近くに住んでいました。
ある日、川の水があふれ堤防を越え、
町中が水浸しになりました。

ジムが玄関の屋根まで登って座っていると、
ボートに乗った男がやってきて
ジムにも乗るように言いました。
ジムは、
「神様が助けてくれるだろうから大丈夫だ」
と言って乗りませんでした。

しばらくすると水位が上がり、
ジムはさらに高い屋根に登りました。
そのときまた別のボートがやってきて、
ジムにも乗るように言いました。
今度もジムは
「大丈夫、神様が助けてくれるから」
と言って乗りませんでした。

さらに水位が上がり、
ジムは煙突の上まで登りました。
するとヘリコプターがやってきて、
ジムのところにハシゴを下ろし、
登ってくるように言いました。
ジムは
「大丈夫だ、僕には神様がついている」
と言いました。

水はさらに増え、とうとうジムは
溺れて死んでしまいました。

天国でジムは神様と対面して、
こう言いました。
「神様、僕をいつも助けてくださると
言ったじゃないですか。いったい
どうしてしまったというのですか」

すると神様はこう答えました。
「冗談を言ってるのかね。
ボート2艇に、ヘリコプター1機を送ったんだぞ、
他に何が必要だったと言うんだ?

kfcparo.gif
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

GDH.jpg ↓  トップへ戻る

George, Do! & Hi!!